こんにちは、きのこ母さんです。


「東京ー大阪を安く便利に移動したい!」

友人の結婚式に出席するため移動方法をリサーチしたところ、1番よさそうだったのが新幹線。

乗り換えが少なく、迷子常習犯でも安心!

大阪は地下鉄があるので、空港より駅を使う方が便利なんですね。


ただネックとなったのが料金。新幹線は高い…

そこで選んだのが、低価格で乗車できる「こだま」でした。


新幹線の便利さと「こだま」の安さに惹かれ、今回「こだま」で東京ー新大阪を移動してきました!

片道4時間弱、のんびり列車の旅でした~


きのこメモ70



東京ー新大阪を安く移動するなら「こだま」!


新幹線と言うと、どうしても高いイメージがありますよね。

便利だけど、設定価格が高いし割引が少ないし…。

だけど「こだま」なら、方法によってはお得に新幹線を利用できるんです。


「こだま」は


・各駅停車で所要時間が長い

・1時間に2本しかない


と新幹線らしからぬ点もありますが、割引率の高さはピカイチ。


「こだま」に安く乗るには、2つ方法があります。


1.「ぷらっとこだま」を使う


「ぷらっとこだま」は東海ツアーズが販売する、格安で新幹線「こだま」に乗れるプランです。

「こだま」指定席の片道チケット+ワンドリンク引換券がセットになっています。


通常期なら、なんと東京ー新大阪が片道10、500円

繁盛期でも12,000円。

普通に「こだま」を利用するより、通常期は3、750円、繁盛期は2、450円お得になるんです。


注意すべきなのが、「ぷらっとこだま」はチケットではなく、旅行プランという扱いだということ。そのため、


・前日までに購入が必要

・乗る列車・席の変更ができない

・特定の区間しか使えない

・途中下車できない


など制限が多くあります。


特に気を付けたいのが、予約した列車を変更できないという点。

指定席から自由席への変更もできません。

予約変更は取り消し扱いになり、10日前から取り消し手数料がかかります。

もし乗り遅れたら、切符は買い直しです。

「予約は慎重に」ですね…!がくぶる


驚くきのこ30-2

2.エクスプレス予約から申し込み


エクスプレス予約は、おトクに東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制ネット予約サービス。


こちらを使うと、「こだま」グリーン席を東京ー新大阪11200円で利用できます。

2名以上で利用なら「ファミリー早特」が使え、東京ー新大阪が9900円。

名前は「ファミリー」だけど、友人同士でもOK。


エクスプレス予約のメリットは、「ぷらっとこだま」と違い、手数料無料で予約の変更ができること。(差額は必要)

ただ、年会費1080円や会員登録が必要となります。

新幹線をよく利用する方にはおすすめです。


実際に「こだま」に乗ってみた。


私が利用したのは、東京ー新大阪。

始発駅から終点まで、がっつりフルコースです。

「こだま」は各駅停車するので、東京ー新大阪間は4時間かかります。


実は、結婚前は新幹線がないところに住んでいた私。

こんなに長く新幹線に乗るのは初めての経験!

さらに「こだま」ならではのビックリもありました。

自販機・車内販売がない!


なんと「こだま」には、自販機・車内販売がありません

つまり事前に買っておかないと、4時間もの間ノドの渇きと口寂しさに耐えることに…。

おやつなしの新幹線の旅なんて…!風景見ながらおやつ食べたい!

驚くきのこ30-2

発車前のアナウンスで知り、ホームの自販機で多めにドリンクを購入。

飴やグミは持参しておいて良かったです。


でも実際に乗ってみたところ、「飲み物なら途中で買える」と感じました。

「こだま」は通過列車を待つため、5分くらい停車することが何度もあります。

その間にサッと自販機に買いに行けちゃうんです。

おやつもホームのお店で買えるかもしれませんが、ダッシュで買わないと危なそうでした(笑)


やはり「こだま」で快適に過ごすためには、好きな飲み物やおやつを乗車前に準備しておくのがベスト。

車内で食事をとりたい方は、お弁当やパンも事前に購入しておく必要があります。


ちなみに「ぷらっとこだま」にはドリンク引き換え券がつきますが、車内ではなく乗車前にお店で引き換えになります。


車内はのんびりした雰囲気


「こだま」は各駅停車なので、のんびり風景が楽しめました。

関東圏から関西に向かうにつれて、どんどん雰囲気が変わっていくのが面白かったです!


「こだま」はほかの新幹線より乗客が少なめだし、時間に余裕がある人が乗るからか、車内は落ち着いて和やかな雰囲気。

風景を見ながらお弁当を食べる人、友達とおしゃべりしている人、お仕事する人…それぞれゆったり過ごしている感じでした。

6月の土曜日利用でしたが、ファミリー層が少なく全体的に年齢層が高めでした。


酔いやすい人は対策も必要


実は私、すごく乗り物酔いやすいタイプでして…。

快適さトップレベルの新幹線でもしっかり酔ってしまいました。

どうしよう…新大阪まであと2時間あるやん…

新規ドキュメント 2017-08-18_6 (1)

新幹線は揺れ自体はあまり気にならないものの、空気の入れ替えが少ないので、食べ物などの混ざった匂いで酔ってしまったんです。


酔いを和らげるため、


・駅で5分停まるときは外に出て、新鮮な空気を吸う

・マスク+飴で車内の匂いをカット

・文字は見ない(スマホ、本厳禁!)

・なんとか寝てみる


といろいろ対策を取りつつ、なんとかやり過ごしました…。


1番効いたのは、外に出ることと寝ること

ちょくちょくホームに降りるので、車掌さんに「怪しい女」と思われていたかもしれません(笑)

必死だったんです、ごめんなさい。


そんなわけで、酔いやすい方は酔い止めがあると安心です。

梅干しも良さそう。

割引をうまく使って、より快適なグリーン席を利用するのもアリですね。


「こだま」おすすめの使い方。


快適な「こだま」の旅でしたが、やっぱり4時間は長かったです…。

酔いがピークの時は、ホントにどうしようかと思いました。


でも使い方次第で、「こだま」はもっと満喫できると感じました。


・利用距離が短い

・同乗者がいる

・のんびり新幹線の旅を楽しみたい

・どこでも寝れる



という方には、「こだま」はおすすめです。

近距離なら、酔いの問題も大丈夫そうですね。


もし長距離を利用するなら、一人旅ではなく同乗者がいるのは大きなポイント

近くに座っていた3人組のおばさま方は、「しゃべってたら4時間あっという間だったね~」とおっしゃっておりました。

トイレに行く時も荷物の番をしてもらえますしね。


そして「ヒマすぎたら寝ちゃう!」というのもいいですよね。

着いた頃には元気いっぱい、その後もサクサク行動できそうです。


おわりに。


実際に利用してみて、「こだま」は新幹線の中でもちょっと独特な存在だと感じました。

安いし、新幹線なのにのんびりした雰囲気。

時間がかかったり、本数が少ないというデメリットもありますが、それを上回る魅力も感じました。

次は友達や夫と一緒に利用したいです!

絶賛子育て中なので、いつになるか分かりませんが(笑)


時間に余裕がある方は、安くてのんびり新幹線を利用できる「こだま」を選んでみてはいかがでしょうか。