こんにちは、きのこ母さんです。


「トリートメントやヘア用品を使いたいけど、肌が弱いから心配…」

アトピーや肌が弱い方は、ヘアケア用品選びにも気を使いますよね。


「髪は女の命」と言われるように、髪の印象って実はとても大切。

多少肌の調子が悪くても髪がツヤツヤしていれば、自信も持てるし印象もよくなります。


そこで今回は、アトピー肌に悩む私も使っているヘアケアアイテムを紹介していきます。

参考になれば幸いです♪


アトピー・乾燥肌にはドライヤー選びも大切。


私は乾燥タイプのアトピーなので、髪パサパサ・頭皮カサカサになりがち。

頭皮の乾燥がひどくなり皮膚科にかかったとき、「ドライヤーが原因のことが多いので、頭から離して使うように」と先生に言われたことがあります。

う~ん、けっこう離して使ってるのになぁ…


新規ドキュメント 2017-08-18_6 (1)

実はそのころ使っていたのは、10年目になるシンプル機能のドライヤー。

風量が弱くて乾かすのに時間がかかるうえ、熱い風しか出ないので、頭皮に負担がかかってしまっていたようなのです。

ドライヤーを頭から離して使うことも大切ですが、どんなドライヤーを使うかも重要なんですね。

おすすめのドライヤーは?


ドライヤーを選びで重視したいポイントは、


・最大風量が大きい

・風量の調節ができる

・温風の温度調整ができる

・ヘアケア効果がある

の4つ。


頭皮や髪を乾燥から守るためには、熱すぎない温度の強い風で、短時間で乾かすことが大切なんですね。

さらにマイナスイオンが出たり、ヘアケア効果付きの方が髪に優しいのでおすすめです。


私もこの条件に合ったドライヤーに買い替えることに。

家電マスターの夫にリサーチしてもらったところ、テスコムの「マイナスイオンヘアドライヤー」にたどり着きました。


風量がターボ・ドライ・セットの3段階選べるんですが、ターボの最大風量1.7㎥/分とすごい風が出るんです。

「ターボ」を初めて使ったときは、あまりの強風にびっくり。

「ドライ」でも風量がしっかりしています。


温風の温度調節もできるので、私はいつも「LOW」のドライで乾かします。

ぬるい風で乾かしているので、頭皮の乾燥がかなり良くなりました!


さらにマイナス効果で髪の毛がまとまりやすくなって、乾かしたあと髪がしっとりしていて感動。

前はすぐパサパサになっていたのに…。

私は調子がいい時しかコンディショナーやトリートメントを使えないので、毎日のドライヤーでヘアケアができるのが助かります。

マイナスイオン、あなどれない!


驚くきのこ30-2


・最大風量(ターボ)にすると音が大きい

・540gで、片手で使うには少し重め


という気になる点もありますが、もう慣れました(笑)

ちなみにお値段は3,500円程度。コスパもすごくよかったです。


こんなふうに、最近は低価格で高性能のドライヤーが多く出ているので、頭皮の乾燥でお困りの方はドライヤーを変えてみるのもいい方法です。

頭皮の乾燥対策だけでなく、乾かすだけでヘアケアもできてかなりおススメです。

私もドライヤーだけでこんなに変化があるとは、嬉しい驚きでした!


お手入れはオイルがおすすめ。


アトピーや敏感肌だと、トリートメントやコンディショナー選びに苦労しますよね。

私もトリートメントは信頼している美容院でのみ。

コンディショナーも月に数回しか使えません。

いろいろ試して、かぶれたり顔周りに湿疹がでたりしたことも…。


それでもやっぱりヘアケアを諦めたくない!

そんな私が愛用しているのが、オイル

ヘア専用オイルではなく、顔にも全身にも使えるオイルです。

肌にも使えるオイルなら、顔や首回りに触れても安心ですよね。


オイルもいろんな種類がありますが、スクワランオイルやオリーブオイルは使い勝手が◎。

中でもおすすめなのが、【オリーブマノン 化粧用オリーブオイル】  。

純粋オリーブオイル100%で、なんと年間販売数10万個を達成している美容オイルなんです。

1本あれば全身の保湿はもちろん、クレンジング・マッサージ・パックにも使えて便利です。


ちなみに私はブレンドしたオイルでかぶれてしまって以来、ほんとうに品質のいいシンプルなオイルを選ぶようにしています。

オリーブオイルにもいろいろありますが、【オリーブマノン 化粧用オリーブオイル】 は自社オリーブ園まで持っていて信頼できるオリーブオイルです。

肌が弱い方のために、商品到着後30日以内なら返金保証も付いています。


ちなみに使い方は、数滴を毛先を中心に髪になじませるだけ

ドライヤー前でも後でもOKで、頭皮の保湿にも使えます。


敏感肌のお悩みに!日本オリーブのオリーブ化粧品


おわりに。


アトピーや肌が敏感になっているときは、つい肌ばかり気になって気分がふさぎこんでしまうこともありますよね。

でもせめて髪をキレイにすることで、気持ちが明るくなることもあります。


肌が弱いと使えるヘアケア用品も限られてしまいますが、それは肌が合うもの・合わないものをしっかり判断してくれている証拠でもあります。

自分に合った方法を見つけて、ヘアケアも楽しみましょうね。





次の記事はこちらです♪
敏感肌・アトピー肌の肌断食は要注意!肌断食に大失敗して皮膚科通いになった話。