こんにちは、きのこ母さんです。


「里帰りなし出産だけど、一人のときに陣痛が来たらどうしよう…」

里帰りしないプレママにとって、陣痛が来た時の不安は大きいですよね。

実は私も、2度の出産どちらも里帰りしませんでした。


そこで出始めだった「陣痛タクシー」に登録しようとしたところ、住んでいる地域に陣痛タクシーがなかったのです。

がーん!!なんとかするしかない!!


驚くきのこ30-2


陣痛タクシーとは?


ここ数年で、全国的に広がりつつある陣痛タクシー。


会社にもよりますが、陣痛タクシーは


・住所・出産予定の病院を事前登録できるので、道案内が不要

・破水していてもOK(防水シートがある)

・講習を受けたドライバーが対応

・陣痛で支払いが困難な時は、後払いOK


など、陣痛中でも安心して利用できるサービスがあります。


妊婦さんにとって心強い陣痛タクシーですが、全ての都道府県で対応しているわけではありません。

あったとしても遠い地域だったりして、まだ十分には普及していないんですよね。

(お住まいの地域の陣痛タクシーについては、全国子育てタクシー協会で検索できます。)



近くに陣痛タクシーがない場合の対処法


※個人の体験に基づいており、責任をお取りすることはできませんのでご了承ください。参考になれば幸いです。


私が2012年に出産した当時は、近くに陣痛タクシーがありませんでした。

「一人の時陣痛が来たらどうしよう…」とかなり不安は大きかったです。

里帰りなし出産のうえ、夫は日曜日以外は出勤。

夫の実家が車で30分くらいなので、陣痛の時は病院へ送迎をお願いしていましたが、お義母さんも忙しいので来られない可能性も…。


不安で「一人で陣痛が来た時どうするか」を調べてみたら、


・何も言わずにタクシーを利用する

・救急車を呼ぶ


という裏の手(?)も見つけましたが、乗車拒否されるリスクがあるし、救急車は普通の陣痛では利用できません。

この2つは迷惑をかけてしまう可能性が高いんですよね…。

陣痛タクシーがないなら、自分で交渉してみるしかない!


きのこしょぼん

いろいろ考えた結果、対応してくれるタクシー会社を自分で探してみることにしました。


①自宅近所のタクシー会社に相談


まず試したのが、自宅近所のタクシー会社に問合せすること。

普通のタクシー会社でも、事前にお願いしておけば陣痛中でも対応してくれる可能性があります。


近所のタクシー会社を選んだ理由は、


・近所の方が早く迎えに来れる

・もし迎車料金がかかっても安く済む

・近所の運転手なら道を熟知しているので、道案内がしやすい


との理由から。



実際に電話してみたところ…


A社は責任が取れないため、妊婦さんには対応しかねます」と言うお返事が。

B社は偉い方に電話を代わってくれて、「特別なサービスや介助はできないが、病院まで送るだけならできます」との回答をいただきました。


ただし乗車条件として、


・陣痛が始まったら早めに連絡すること

・座席が汚れないよう、バスタオルやシートを敷いて乗車すること

・乗り降りの介助や病院内への付き添いはできない

・何かあっても責任は取れない


とのお話がありました。


やはり普通のタクシーなので、トラブルにならないためにも「座席の汚れ防止」は念押しがありました。

しかも、車の乗り降りは自力で。病院内へも自分で荷物を持って行かなければいけないと聞き、ちょっと不安も…。

一方で、「いざ病院に行くとき優先的に配車できるように、陣痛が来たら早めに連絡してください」というありがたい配慮もいただきました。

そんなわけで、陣痛が来たときお義母さんが無理な場合は、B社に送迎をお願いすることにしました。


②出産予定病院に近いタクシー会社に相談


私がかかっていた産婦人科は、お願いすれば診察後に病院近くのタクシー会社でタクシーを手配してくれていました。

そのようなタクシー会社は産婦人科通いのお客さんに慣れていて、陣痛中でも対応してくれる可能性が高いので、相談してみる価値アリです。

また病院の受付で相談すると、陣痛中でも対応してくれるタクシー会社を教えてくれる場合もあります。

どちらにしても陣痛が来ていきなり乗せてもらうのはリスクがあるので、事前に自分でタクシー会社に問合せしておきましょう


一人で陣痛が来たときの対処法


陣痛が始まっても、病院に行くのは指示があってからになります。

母親学級では、陣痛が10分間隔になった時点で病院に電話するよう説明がありました。

まずここまでが長いんですよね…。


破水した時も、まずは病院に連絡します。

病院の判断で救急車を手配してくれるので、自分で救急車を呼ばないように念押しがありました。


ただ、一人で陣痛に耐えるのは不安も大きいですよね。

付き添い人がいないことを病院側に伝えたら、早めに受け入れてくれることもあるので、念のため話してみるのもアリですよ。


まだ病院に行く指示がなくても、早めにタクシー会社にも状況を伝えておくと安心です。

陣痛の合間に、持っていく荷物、破水したときのためのバスタオル、タクシー代も準備しておくといいですよ。

陣痛はゆっくり進むものなので、合間に慌てず落ち着いて準備すれば大丈夫ですよ!


わが家の体験談。


いざという時は、陣痛中に一人でタクシーに乗る覚悟も準備もしていた私。

でも結局、タクシーのお世話になることはありませんでした。

陣痛が来た日の朝、そろそろタクシーに連絡しようかと思っていたら、出勤したはずの夫が帰って来たからです。

出勤して事情を話したら、「奥さんに付いていてあげなさい」とのありがたい言葉をいただき、急きょ休みをいただけたのです。

夫に病院に送ってもらい、そのまま立ち合い出産。

ほぎゃ~と無事長男が生まれました。


1ケ月検診でタクシーを利用したら…


陣痛中は利用しなかったものの、1ケ月検診のときにはB社を利用させてもらいました。

気さくな運転手さんで、タクシーの車内で育児の話をしていたら、ふと

この辺りの妊婦さんからも「陣痛中でも乗れますか」って問合せがあったんだけど、もう生まれたかな~ 

車アイコン

えっ!きっとそれ私です!すみません!


驚くきのこ30-2

え~!そうかい!無事生まれてよかったね~!

車アイコン
私の問合せの電話に出て、偉い方に話をつないでくれたのが、なんとこの運転手さんだったのです。

事務所には出産予定日と住所のメモを貼ってくれていたそう。

「利用するかはその時にならないと分からない」ということも伝えていましたが、万が一に備えてくれていたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。


そして、出産報告をしていなかったことを猛反省…。

個人的にお願いしていたのだから、きちんと事後報告の電話もしておくべきでした。

ごめんなさい! いろいろお世話になりました~


新規ドキュメント 2017-08-18_6 (1)


運転が苦手だった私は、この後も何度かB社さんにはお世話になりました。
子持ち主婦だけど、運転が下手で怖い!運転が苦手な私の車との付き合い方。


馴染みの運転手さんは、利用するたび育児相談にのってくれたり、

子どものために自分でも運転の練習しといた方がいいよ~

車アイコン

と運転手さんらしからぬアドバイスをくれました(笑)

おかげさまで、今は自分でも運転できるようになりましたよ~。

本当にありがとうございました!



おわりに。


ここ数年で妊婦さんを取り巻く環境も大きく変わり、タクシーも利用しやすくなってきました。

いい対応をしてくれる会社ばかりではないですが、声をあげることってすごく大切。

近くに陣痛タクシーがない場合は、自分から問合せしてみる価値ありですよ。

その声が、陣痛タクシーが増えるきっかけになるかもしれません。

無事出産を終えられるよう、お祈り申し上げます!


喜ぶきのこ30

あくまで体験談ですが、何かの参考になれば幸いです。

次の記事はこちらです♪
育児中コープデリに入会したらメリットだらけ!子育て主婦がコープデリに入ってよかったこと。