こんにちは、きのこ母さんです。


「子どもに英語に触れさせたいけど、何から始めればいいんだろう…」

最近は幼稚園でも英語の時間があり、2020年からは小学校3年生から英語が必修化されることになりました。

「バイリンガル児に育てよう!」とまでは考えていなくても、「英語に親しみを持ってもらいたい」と願う親は多いのではないでしょうか。

そのために、英会話スクールに通うなど特別なことはしなくても、日々の育児にちょっと英語を取り入れられたらいいですよね。


そこで今回は、英語好きの子持ち主婦の私が実際にやっている、英語を育児に取り入れる方法を紹介していきます。

子どもが親しみやすくて、コストもかからないツールを活用しましょう♪


喜ぶきのこ30


42cfeeea5f8e386b9c69cd7ada573628_s


簡単に育児に英語を取り入れるコツ。


「子ども英語」と言うと、英会話スクールで外国人の先生とお歌を歌ったり踊ったり…というイメージがありませんか?

でもちょっとした工夫とコツで、お家でもとっても簡単に英語に触れることができるんですよ。

わが家の場合、もともと私が英語や語学が好き。5歳と3歳の兄弟にも英語好きになってもらうべく、育児にちょこちょこ英語をちらつかせています。

早速、わが家が実践している「育児に英語を取り入れる方法」を紹介していきますね。

1.トイレにアルファベット表を貼る


子どものトイレって、結構長くありませんか?うちのチビ兄弟は本当に長いんです(苦笑)

しかも途中で「ママ~ちょっと来て~」と呼ばれ、トイレでたわいない話に付き合うこともしばしば…。

「この時間をもう少し有効に使えないかな?」と考え、思いついたのが、トイレの壁にアルファベット表を貼ること。

これが意外と効果アリで、トイレをしながらアルファベット表を眺めて、自分から「これなんて読むの?」と聞いてくることも。

さらに効果をあげるには、

・ABCの歌を歌う
・簡単なスペルを教える

のがおすすめです。

私も余裕があるときは、ABCの歌を熱唱して聞かせています。幼稚園の英語の時間でも馴染みのある曲なので、「知ってる~!」となんとなく一緒に歌ってくれることも。

子どもの好きなキャラクターのスペルを、頭文字だけ教えたりもしています。

ピカチュウは「P」から始まるんだよ~


喜ぶきのこ30

そうなんだ!じゃあ「ルナアーラ」は?!


長男

ル…?!ルナ…??(新種ポケモン来たー!)

驚くきのこ30-2

アルファベット表は、座った時に子どもの目の高さになるよう貼っておくのもポイント

トイレは毎日何度も使うものだからこそ、表を貼るにはおススメの場所です。なんとなく目に入るだけでも、アルファベットに興味を持ちやすくなりますよ。

表はいろんなサイトから無料でダウンロードできるので、お気に入りのデザインを探してみてくださいね。
アルファベット無料ダウンロード


2.図書館で英語の絵本を借りる


育児に英語を取り入れるなら、英語で書かれた絵本を読み聞かせするのもおすすめ。

子どもは絵がついているから内容が推測しやすいし、簡単な英語で書かれているので、親の方も読みやすいんです。

わざわざ買わなくても、最近は多くの図書館で英語の絵本も借りることができます。

日本の絵本を英訳したものもありますが、おススメは「メイシーちゃん」シリーズ。
幼稚園児に英語の絵本を読み聞かせしたい!まずは『メイシーちゃん』シリーズから始めるのがおすすめ。

絵がポップで可愛いし、内容も簡単で短いので、初めて英語の絵本を読み聞かせにピッタリですよ。


3.英語のアニメ・動画を見る


最近はユーチューブでも英語のアニメがたくさん見られますよね。

わが家は以前はよく「Tayo the little bus」「Elmo's  world」「Little baby bum」を見ていました。乗り物や可愛いものが大好きな時期にぴったりでした。


最近のお気に入りは「The Octonauts」

こちらは乗り物や海の生き物がたくさん出てきて、わが家の子どもたちの興味にドンピシャです。

ただユーチューブの場合、好きな時に好きなだけ見られる分、つい長時間見せてしまうというデメリットも…

そのため、見せる前に制限時間を親子でしっかり決めて、時間になったらキッパリ終わりにすることが大切です。

また時々小さい子どもが怖がるような動画が混ざっていることがあるので、子どもだけでは見せない方が安心です。

わが家の長男も、ハロウィンの歌やデビルの画像が流れるたび、全力疾走で私のところに逃げてきていました。

一方英語教材のDVDなら、区切りやすいし内容的にも安心。ただ、やはりユーチューブよりコストはかかってしまいます。

そこで、子ども向け英語教材の無料サンプルを請求してみるのもおすすめです。

無料でDVDや教材がもらえる上、タダとは思えないくらい中身も充実していますよ。

いくつか取り寄せてみて、子どもの反応を見てみてみるのもいいですね。

ベネッセの英語教材 ワールドワイドキッズ


ほかに英語の動画を見るのにおすすめなのが、『EnglishCentral』(100%コミット英会話【イングリッシュセントラル】 )。

イングリッシュセントラルは、動画学習とオンライン英会話を組み合わせた英語学習プログラム。

アニメなど子ども向けの動画もあり、しかも日訳付きで見ることができます。1本の長さも1~2分程度のものが多く、区切りがつけやすいのも魅力。

動画を見るだけなら、なんと登録は無料。動画の上限はなく、何でも見放題です。

発音練習や単語学習、オンライン英会話の体験もできるので、一度試してみるのもおすすめですよ。




4.ちょっとした英語表現を使ってみる


実際に、日常生活の中でちょっとした英語表現を使ってみるのもおすすめです。

実は育児のちょっとした「困った」も、英語を使うことでイライラせずに済むことがあるんです。

わが家でよくやるのが、「早く起きて」の代わりに「Wakey,wakey(起きて)」、「早く準備しなさい!」の代わりに「Hurry,Hurry!(急いで)」を使うこと。

どちらもイライラしやすい場面ですが、英語を使うと柔らかい響きになって、無駄に怒らずに済むんです。子どもも笑いながら付き合ってくれます。

まあ、本当に余裕がない時は、日本語でまくし立てていますが…汗


また、幼稚園バスを待っている時間など、ちょっと手持ち無沙汰な時に

今日はくもりだね、it`s cloudy today.


きのこメモ70

と英語をちらつかせたりもしています。

実際に日常の中で少し英語表現を取り入れてみると、いいスパイスになって楽しいですよ。


まとめますよ。


きのこメモ70


育児に英語を取り入れるためにおすすめしたいのは、


1・トイレにアルファベット表を貼る

2・図書館で英語の絵本を借りる

3・英語のアニメ・動画を見せる

4・ちょっとした英語表現を使ってみる


この4つの方法でした。

最初は難しく感じるかもしれませんが、いざやってみると英語のある生活も楽しいですよ。

「英語を取り入れることで、日本語がおろそかになるんじゃないかな…?」という心配もあるかもしれませんが、この程度では全然影響ありませんので、ご安心くださいね。

私自身、今は英語を教え込むというよりは、外国語の存在や、外国語を学ぶ楽しさを伝えられたら十分だと思っています。

育児に英語を取り入れてみたい方の参考になれば幸いです。