こんにちは、きのこ母さんです。

「抱っこ紐はどれがいいんだろう?」初めての育児グッズ選びで悩むママも多いのではないでしょうか。

特に150㎝前後の小柄なママには、抱っこ紐選びは重要。小柄なぶん肩や腰に負担がかかりやすいため、負担を和らげる抱っこ紐を選ぶことが大切です。

150㎝弱の私が愛用していたのは、世界中のママ達に大人気の「エルゴ」。

今回は、小柄なママにこそおすすめしたいエルゴの魅力や、おしゃれに使いこなすコツを紹介していきます。
f5609a0c31c7b0cd4fe3d492dbcde97e_s


小柄なママは抱っこ紐選びが重要。


長男の妊娠中、ベビザラスの妊婦さん向け店内ツアーで、育児用品の説明をしていただいた時のこと。

高価なベビーカーより、抱っこ紐をいい物にした方がいいですよ~

 店員さん

というアドバイスをいただきました。

店員さんによると、「小柄なママはその分肩や腰に負担がかかりやすいため、しっかり支えてくれる抱っこ紐がおすすめ」とのこと。

そこで勧められたのが、「エルゴ」の抱っこ紐でした。

エルゴは小柄なママにも楽だし使いやすい!


実際に子どもが生まれてみると、エルゴの抱っこ紐は本当に大活躍。

肩ひもと腰ベルトが太くてしっかりしているので、食い込みが少なく、1時間くらい付けていても大丈夫でした

ちなみに義理の姉から他の抱っこ紐を借りたことがあるのですが、肩が痛くて付けていられず、すぐギブアップしてしまいました。

どうしても小柄なママは背が高いママより赤ちゃんの体重が負担になってしまうので、エルゴのようにしっかり支えてくれる抱っこ紐が楽です。


外国製のため全体的に大きな作りですが、長さを簡単に調整できるので私でも十分快適に使えました。

フードが付いているのもいいところで、急な雨でもフードをかぶせれば安心だし、寝てしまった時はフードをかぶせるとぐっすり安眠していました。

ポッケ部分はガーゼを入れていたほか、暑い時期には抱っこ紐用の保冷剤、冬は保温材を入れて使うのに便利でした。

エルゴはママ達に人気なのも頷ける、ママと赤ちゃんに優しい設計の抱っこ紐です。


毎日愛用しても長持ち!


子どもが赤ちゃんの頃は、外出の時は必ずエルゴ。ベビーカーに乗せて出かけても、途中からグズって抱っこになることが多かったので、必ずエルゴも持って行っていました。

家でも家事するのに毎日使っていました。うちの長男くんは甘えん坊だったので、よくエルゴでおんぶしてご飯を作っていましたね…。あ~懐かしい。

楽しい日もしんどい日も、次男が生まれてからも、いつも私の肩と腰を支えてくれたエルゴ。もはや相棒レベルでした。

長男も次男も1歳になるまでは毎日のように使い、1歳半くらいで卒業。計3年は使ったことになりますが、あと2、3人は使えるくらい、作りがしっかりしています。

汚れた時は洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っていましたが、縮んだりヘタることもありませんでした。


小柄なママでもおしゃれにエルゴを使うコツ。


最近、学生時代の友達からおめでたの報告をもらうことが多く、育児用品の話になることがあります。

ある友人に「抱っこ紐はエルゴが楽だよ!」と薦めたところ、

前に会った時、なんか強そうな抱っこ紐つけてるって思ったんよ~!あれエルゴなんやね~

 友人

と言われてしまったことが…笑

エルゴはしっかり支えてくれる分、肩ひもも腰ベルトも太いし、そもそも外国製なので作りも大き目。

小柄なママにはエルゴはごついんですよね…。でもあの安定感はやっぱり素晴らしい。

そこで、小柄なママにおすすめの「エルゴが悪目立ちしない工夫」を紹介していきます。

1.明るい色か柄物のデザインを選ぶ


私が愛用していたエルゴはカーキ。夫も使うことを考えるといい選択でした。

ただ、そのままだとアーミー感が漂う感じなので、私がつけると余計ごつい印象になってしまっていたんですよね。

でもベージュや水色、フードが柄のものなら、もう少し軽い印象になりますね。

「パパも一緒に使える色」というのも色選びの基準のひとつですが、きっと主に使うのはママ。

特に小柄なママは体に占めるエルゴの大きさが大きめになるので、明るい色や可愛い柄の入ったものがオシャレに見えますよ。

エルゴは色も柄も豊富で、パパでも違和感なく使える柄ものも揃っています。

できれば一回お店で実際に手に取ってみて、パパと相談してみるのもいいですね。


2.よだれカバーを差し色に


よだれカバーは何枚か購入して、その日の気分や服装に合わせてコーディネートすれば、おしゃれで快適に抱っこ紐を使うことができます。

私も友人に指摘されてから可愛い柄を選ぶようにして、花柄、ドット、ちょうちょ柄の3種類を使い分けていました。

抱っこ紐本体が暗めの色でも、柄物や明るい色を選ぶとアクセントになって、ぐんと可愛くなりますよ。

収納カバーで、腰部がおしゃれ&持ち運びが楽ちんに


エルゴを使うなら、収納カバーはあった方が絶対便利。

かさばりやすいエルゴですが、収納カバーを使ってくるくる小さくまとめればコンパクトに持ち歩けるんです。

さらに収納カバーは持ち運びが楽になるだけでなく、腰ベルト部分に付けたままでOKなので腰回りが華やかになります。


これのおかげで、私のエルゴもかなり柔らかい印象になりました。かなりおすすめです。


エルゴの抱っこ紐を選ぶ時の注意点。


小柄ママにもとってもおすすめなエルゴですが、購入する時はいくつか気を付けたいことがあります。

正規品かしっかりチェックを!


実はエルゴには、偽造品が存在します。
偽造商品について

正規品とは作りが違うので、知らずに使うと事故につながる場合も…。

エルゴを購入するなら大手の育児用品店で選ぶか、ネットで購入する際は必ず正規品保証が付いているものを選びましょう。

あまりに安い場合や、オークションで購入する場合は特に注意が必要です。


首が座るまではインサートが必要


エルゴは縦抱きしか対応していないので、首が座るまではそのままで使用することができません。

そのため首が完全に座るまでの間、専用の新生児用インサートが必要になります。

わが家の場合、夏生まれの長男は暑くて使いませんでしたが、次男の時は大活躍でした。
二人目の出産準備品は何が必要?わが家が購入したものと、かかったお金を大公開。

新生児からエルゴを使いたい時は、インファントインサートも買い忘れのないようご注意ください。


おわりに。


きのこメモ70

150センチ未満の私も、3年愛用して「エルゴは最高!」とつくづく思います。

次男が抱っこ紐を卒業した今も、実はエルゴは大事に取っておいてあります。

思い出が詰まっていて誰かに譲る決心がつかないのと、万が一の災害の時に防災グッズとして使えるからです。

ちなみに「エルゴ強そう」と称した友人もやっぱりエルゴを選んだそうで、「エルゴめっちゃいい!」と言っておりました。

小柄なママでも楽に、安心して使えるエルゴの抱っこ紐。「私には大きいかも…」と迷っている小柄なママは、一度試着してみるのもおすすめですよ!