こんにちは、きのこ母さんです。

忙しい朝、「髪型を気にしている時間なんてない!」というママは多いのではないでしょうか。

私もその一人で、産後は基本的に結べる長さを保ち、寝ぐせも髪も広がりもサッと結んで誤魔化すこと多々…。

でも以前は髪をおろすのが好きで、「また髪を下ろせるようになりたい!」という気持ちもありました。

とは言え、朝からヘアセットに時間はかけられない…。

そんな私が「ナチュレート」をかけたことで、また髪を下ろせる日々がやってきました!



ナチュレートのここがおすすめ!


最近多くの美容院で定番メニューになってきた『ナチュレート』。『ストレート』と『ナチュラル』をかけたなんだか響きが可愛いネーミングです。

髪をストレートにする施術と言えば、一般的には『矯正縮毛』がよく知られていますよね。

矯正縮毛とナチュレートは、どちらも髪をストレートにするのが目的ですが、その方法や仕上がりは少し違いがあるんです。

ナチュレートの気になるおすすめポイントを紹介していきますね。

ナチュレートは矯正縮毛より髪に優しい


53f8fce8cf821252570a34aaa23939cb_s

「矯正縮毛とナチュレートのかけ方って、どう違うんですか?」

その答えを担当の美容師さんに教えていただきました。

矯正縮毛の場合、薬剤を3種類使い、髪にアイロンをあて熱の力と薬剤でストレートを形状記憶させます。

一方ナチュレートは、使用する薬剤は2種類。アイロンを使わず丁寧にブローすることでストレートを作ります。

使用する薬剤が少なく、熱で痛む心配も少ないので、髪に優しいのはナチュレートなんだそう。私はアトピー体質ですが、ナチュレートは問題なくかけられました。


また、「矯正縮毛は時間がかかる」イメージがありますよね。

でもナチュレートの場合、使用する薬剤が少ないので施術時間も短く、雑誌に夢中になっている間にあっさり終わってしまいました。

子どもを夫に預けて美容院に来ている立場としては有難かったです。

ナチュレートは矯正縮毛よりお手頃価格


一般的に、矯正縮毛よりもナチュレートの方が価格が安く設定されている美容院がほとんど。

矯正縮毛より施術時間が短いことや、使用する薬剤が少ないことが理由だと考えられます。

私が行った美容院は、定価で矯正縮毛1万2千円、ナチュレート8千円。ナチュレートは主婦のお財布にも優しいですね。

ちなみに美容院はホットペッパービューティー で探して予約しました。クーポンが利用できたし、24時間ネット予約もできるので便利ですよ。


矯正縮毛との仕上がりの違いは、ナチュラルさ。


矯正縮毛をかけると、うねりの強い髪もきれいに真っすぐになりますよね。

ただストレートになりすぎて、前髪や毛先が不自然に「ツン」となることも。どうしてもボリュームも抑えられてしまいます。

一方『ナチュレート』は、その名の通りストレートだけど本当にナチュラルな仕上がり。毛先が自然に内側に入って、「地毛がストレートな人」という感じになります。

トップもふんわりした仕上がりなので、産後に髪が抜けたり髪が細くなって「これ以上ボリュームを抑えたくない!」という方でも大丈夫。


ただ、あまりにうねりが強い髪はストレートになりにくかったり、髪の生え癖までは矯正できないと場合も。

ストンとしたさらさらストレートヘア希望なら、矯正縮毛。自然なふんわりストレートヘア希望なら、ナチュレートがおすすめです。

仕上がりのイメージを美容師さんとよく相談して、どちらにするか決めると安心ですよ。


実際に『ナチュレート』をかけてよかったこと。


大学生の頃、2回矯正縮毛をかけたことがある私。当時の私は、ストレート感が強い矯正縮毛がお気に入りでした。

そのため『ナチュレート』の施術後に鏡を見た時、あまりに自然な仕上がりに「これ、本当に効果あったの?」と思ってしまいました。

「今ブローしてもらったからキレイになってるだけで、明日には元のうねり髪に戻っちゃうんじゃない?」という疑惑が…。

1週間以内ならもう一回タダでやってくれるらしいから、またかけてもらおっかな…

きのこしょぼん

なんて黒い事を考えながら帰宅したのですが…。

乾かすだけでふんわりストレートに!


施術後1週間経っても、お風呂の後に髪を乾かしてオイルを付けるだけで、美容院仕上がりのヘアセットが完成。

朝もうねったり爆発していることがなくなり、スタイリングがとっても楽ちんに。

トップはペチャン、でも毛先は広がりやすい私でしたが、毎日ふんわりまとまるストレートになりました

ちなみに『ナチュレート』をかけたことは、誰にも気付かれませんでした。

矯正縮毛をかけると「矯正かけた?」と聞かれることが多いのに…。それだけナチュラルな仕上がりということですね。

流行中のボブにピッタリ!


最近は好きな女優さん達がこぞってボブになり、密かに憧れていた私。

でもクセ毛で広がりやすい髪質の私は悲惨なことになりそうで、ずっと敬遠していました。

でもナチュレートという装備を手に入れた今なら…!

倉科カナちゃんみたいにしてください!

喜ぶきのこ30

オーダーしちゃいました。

顔が違いすぎるという点はおいといて、無事イメージ通りのミディアムボブになれました。

ナチュレートのおかげで、多少寝ぐせは付いても濡らして乾かすだけで簡単にセットできています。

セミロングから短く量も軽くした分、「うねりが出るかも…」と心配でしたが、今のところ気になりません。

朝かなり楽だし、久しぶりに髪を下せるのが嬉しい!友達からは「若返った?!」と言われました…(笑)


ナチュレートの注意点。


とってもおすすめなナチュレートですが、こんな注意しておきたい点もあります。

トリートメントで痛みを補修してあげよう


矯正縮毛よりは髪にやさしい処方のナチュレートですが、やはり髪へのダメージは少なからずあります。

ナチュレートをかけた後はサラサラの手触りになるので、髪がきれいになったような気がするはず。

でも美容師さんによると、髪の内側にはダメージが残っているとのこと。

ナチュレートと一緒に美容院でトリートメントをしてもらったり、ホームケアをしたりして、髪を労わる必要があります。

ブローはしっかりと


自然な仕上がりのナチュレートは、矯正縮毛よりストレート感は弱くなります。

そのため、濡れた髪はしっかり乾かして、うねりが付くのを防ぐ必要があります。

また生え癖まではきれいに直すことができないため、ブローするときにクセを意識してヘアセットするるのも大切。

少し面倒な気もしますが、お風呂の後ちゃんと乾かしてヘアセットしておけば十分。そうすれば朝がとっても楽なので、ズボラな私でも続けられています。

半年程度はパーマがかけられない


ナチュレートの効果は、個人差はあるものの半年から一年程度。その間はストレートが続きます。

そのため、この期間はパーマをかけることができないのです。かけてもキレイにかからなかったり、すぐ取れてしまったり。

「髪型は頻繁に変えたい!」という方は、ナチュレートをかけるのは計画的にやるのがよさそうです。



注意点を少し抑えておけば、とっても快適なナチュレート。

費用はかかりましたが、朝がとっても楽だし、今の髪型が大好きでとっても満足しています。

「くせ毛だけど髪を下ろしたい!」「ショートボブやミディアムボブに挑戦してみたい!」という方は、一度ナチュレートを試してみるのもおすすめですよ。