こんにちは、きのこ母さんです。


「保育園落ちた!」というママたちの悲痛な叫びをよく耳にしますが、落ちるのは保育園だけではないんです…。

我が家も、現在年中の長男の幼稚園選びの時、第一希望の園に落ちてしまいました。

今は第二希望だった幼稚園にそれなりに楽しく通ってます。


今回は幼稚園の抽選の内容や、落ちた後の対処法など、私の経験を紹介していきますね。


第一希望の園の抽選に落ちた。


e3150019392b69429ed3105263b4ef94_s

第一希望の園の倍率


わが家が第一希望にしていた園は、こども園になったばかり。

園舎は建て替えてピカピカ、若くて優しい先生たち、立地も最高。

毎年願書受付の日には入園希望者が殺到し、抽選が行われていました。


しかも願書配布は枚数制限はなく、配布期間中に園を訪問すれば誰でも入手できました。

長男の入園の年は、1号認定つまり幼稚園児として入る場合の倍率は、なんと3.5倍。

さらに兄弟枠があったので、実際はもう少し倍率は高かったようです。


当日の流れや抽選方法は?


願書提出当日は、朝6時に開門、6時15分から抽選のくじ引き

先着順ではないものの、駐車場が心配なので雨の中5時半から並びました…。

当日くじ引きに行ったのは私だけで、子どもたちはまだ寝ていてパパとお留守番。中には親子で来たり、家族全員で来ているお家もありました。


抽選方法は、「箱の中から色の塗られた割り箸を引く」というもの。

全員が引き終わった時点で、園長先生から当たりの色の発表が。

私が引いたのは紫。アタリは緑でした…!!

やっぱり外れてもうた…ごめんよ長男…

新規ドキュメント 2017-08-18_6 (1)


当たった家庭は別部屋に案内され、外れた家庭はそのままその部屋で待機。

その時の部屋の空気がなんとも重かったです…。

中には先生に「プレに毎週通っていたのに!なんとかならないんですか!」と詰め寄るお母さんの姿も…。ええ、わかりますともそのお気持ち…!


数分待った後、ハズれた家庭で希望者のみキャンセル待ちの抽選が行われることになりました。

わっと歓喜の声があがるも、キャンセル待ちの定員は10人までとのこと。

箱に折りたたんだ紙が入っており、10番までの番号が書いてある紙を引いたらアタリでした。


私は7番を引いたものの、7人もキャンセルが出る可能性は低そう…。

しかも6時40分を過ぎていて、もう戻らないと夫が出社に間に合わない!

先生に「もし7番目の枠ができたら、ご連絡お願いします」と願書を預け、園を後にしました。



第一希望の園に落ちた後の対処。


まず夫に報告、長男に説明


家に帰ると、夫と子どもたちが起きて待っていました。夫に抽選に落ちてキャンセル待ちの7番になったものの、見込みがないことを報告。

それを黙って聞いていた夫は一言、

大丈夫、幼稚園じゃ人生決まらないから。


769fbc03


この一言で少し気が軽くなりました。

そして長男に、第二希望の園に通うことになると説明。

第一希望に落ちたとはいえ、幼稚園に入園すること自体はめでたいこと。暗い顔はしたくありませんでした。(隠せてたかはわかりませんが…)

長男は「どちらの園でもいい(むしろどっちも行きたくない)」と言っていたので、「〇〇幼稚園(第二希望の園)が待ってるって~」と説明。

本人は「ふ~ん」という感じでした。


第二希望の園にGO!


前々から第一希望の園が抽選だとわかっていたので、くじ運に自信のない私は第二希望の園を最初から決めていました

その幼稚園は、園舎は古いもののアットホームな雰囲気がウリ。

・願書提出の時間が被らないこと

・入園希望者があまり多くないこと

も決め手でした。

幼子2人連れて、バタバタいくつも園を回ることは避けたかったんですよね。


第二希望の園は9時から願書受付で、そのまま面接という流れ。

夫は仕事に行ってしまったので、長男と赤ちゃんだった次男を連れて、願書提出と面接に行きました。


あまり並ぶこともなく、和やかな雰囲気で前の園とのギャップにびっくり。

先生が「よく来てくれたね、朝大変だったでしょ?ありがとうね」と声をかけてくれたことは今でもよく覚えています。

抽選に落ちたショックや、朝からのバタバタの緊張がふっと和らいで、つい目から水が出そうになりました。

じ~ん…この園になったのは、ご縁があったからなのかも…


新規ドキュメント 2017-08-18_6 (1)

簡単な面接のあとは、お土産をもらってご満悦な長男と、ほっとした気持ちで帰路につきました。

入園確定おめでとう長男! お疲れさま私!



喜ぶきのこ30

キャンセル待ちの結果は…


結局、第一希望の園から「キャンセル待ちの枠ができた」という連絡はありませんでした。

やっぱりキャンセル待ち7番では望みは薄いですよね…。


キャンセル待ち3番だったママ友は、その園から「枠ができました」と連絡があったのが2月。

もう他の園に入園手続きを済ませていて、制服も購入済みだったのでお断りしたそう。

キャンセル待ちも3、4番目までなら望みはあるのかもしれませんね。

ただ本当に空きが出るかはわからないので、ちょこちょこ園に状況を聞いた方が安全そうです。


実際に、別の園でキャンセル待ち2番だったのに入れず、3月になって慌てて他園に駆け込んだ方の話も聞いたことがあります。


幼稚園は保育園のように「どこにも入れなかった!」ということは稀でしょうが、希望度の高い園に入れるかはわかりません。

キャンセル待ちに賭けるにしても、第2候補の幼稚園もしっかり頭に入れておいて、枠の空きを確認しておく方が安心です。


最後に。


きのこメモ70


そんなわけで、第一希望の園の抽選には落ちてしまったわが家でしたが、予め決めていた第二希望の園に無事入園出来ました。

最初から安全な第二希望を決めていてよかったです。

今でも第一希望の園に未練は多少ありますが、「わが家にはご縁がなかったんだろうな~」と思っています。

長男は今の園で初めてお友達が出来たし、いい先生方にも出会え、私自身も優しいママ友ができました。

後から他のママと話すと、同じように第一希望の園の抽選で外れて、この園に流れてきているお家がちらほら。

今となってはいい思い出話です。

2学年差の次男も、長男と同じ幼稚園を選びました。


わが家のように、第一希望の園に落ちても、他の園でいい出会いが待っているかもしれませんよ。願書提出を控えたご家庭の参考になれば幸いです。


他の幼稚園に関する記事はこちら
幼稚園入園準備はいくらかかる?わが家が第1子の入園でかかったお金を大公開。
麦わら帽子は洗える?簡単におうちで出来る、幼稚園の麦わら帽子の手入れ方法。