こんにちは、きのこ母さんです。


最近は子どものアレルギーが本当に増えていますよね。

わが家の次男も8ケ月の頃うどんを食べて、全身に発疹、呼吸器症状が出たことがあります。

原因は小麦アレルギー

その後ハウスダストや卵のアレルギーも見つかり、さらにはアトピー体質とのこと。良くなってきたものの、今も定期的に小児アレルギー科に通っています。


今回は、そんな次男が1歳から2歳7ケ月までのアレルギー経過を紹介していきます。

アレルギーで悩むママに少しでも参考になれば嬉しいです。



次男のアレルギー治療の内容


食物アレルギーの除去は最小限で、少しずつでも慣らす方針


長男と次男は、同じ大学病院のアレルギー科にお世話になっています。ここでは食物アレルギーについては除去は最小限で、アレルギーがある食べ物も様子を見ながら少しずつ慣らしていく方針。アレルギー検査の結果に頼りすぎず、実際に家でも食べさせてみながら、食物アレルギーを判断していきました。

最初は戸惑いもありましたが、おかげで卵アレルギーの長男は、今ではなんでも食べられるようになりました。(卵アレルギーの長男。最低限の除去で進める離乳食や、治療の方法とは?

次男も同じように、小麦も卵も少しずつ慣らしていくことになりました。一時は小麦でひどいアレルギー症状が出たものの、1歳を迎える頃にはパンは半切れ、うどんも平均的な量が食べられるようになりました。

離乳食完了期の頃には、毎日お米よりパンを食べたがって困ったくらいです。


ママ、パーたい!(パンたべたい)



次男次男

え~っ朝もパン食べたのに?!恐るべし、子どもの適応力…!!

驚くきのこ30-2


卵も最初は陽性の結果が出たものの、加熱したものは食べても症状が出なかったため、生卵以外はずっと除去していません。


使用している薬


IMG_20170829_230638

次男が処方していただいている薬は、服用がアレロック顆粒0.5%。アレルギーを抑えるお薬で、朝晩服用です。

塗り薬として、プロペト、ロコイドとプロペトの混合薬、アンテベートとヒルドイドの混合薬です。


最近ではアレルギーは肌から入るという説が有力で、アレルギーの予防・改善には肌の状態を整えておくことが重要だそう。逃げられながらも、毎日せっせとお薬を塗っています。


アレルギー検査結果の変化。


半年に1回の血液検査。


二人ともアレルギーの経過を見るため、半年に1回血液検査を受けています。本人たちは当然嫌がるので可哀想ですが…

採血中に毎回大泣きする長男と、毎回ガチガチになりすぎて微動だにしない次男。性格出てますね…。

次男の検査項目は、食べ物は卵のみで、あとはハウスダストや花粉など。小麦は検査項目から早々と外れました。

検査結果に変化は?


次男のアレルギー検査結果の変化を紹介しますね。数字はクラスを表しています。
注:クラス2以上が陽性になりますが、アレルギーの起こる可能性があるというだけで、必ずしもアレルギーが起こるわけではありません。クラスは2~6まであり、数値が上がればアレルギー症状が起きる確率も上がります。


1歳1ケ月に受けた血液検査の結果は

・ハウスダスト 3
・ヤケヒョウダニ 3
・スギ 0
・ブタクサ 0
・カモガヤ 0
・ネコ皮屑 0
・イヌ皮屑 0
・卵白   3
・卵黄   0
オボムコイド(加熱卵) 0




その半年後、1歳7ケ月に受けた血液検査の結果は

・ハウスダスト 3
・ヤケヒョウダニ 3
・スギ 0
・ブタクサ 0
・カモガヤ 0
・ネコ皮屑 0
・イヌ皮屑 0
・卵白   3
・卵黄   1
・オボムコイド 2




この時は卵黄とオボムコイドもクラスが上がっていますが、実際に食べられる卵の量は増えてきていました。


その半年後、2歳1ケ月に受けた血液検査の結果は

・ハウスダスト 3
・ヤケヒョウダニ 3
・スギ 0
・ブタクサ 0
・カモガヤ 0
・ネコ皮屑 0
・イヌ皮屑 0
・卵白   2
・卵黄   0
・オボムコイド 1




卵白の数値が下がったので、「もう食べられるかもしれない」とのことで、今年中に生卵の負荷試験を受けることになりました。

2歳7ケ月に受けて、今回返ってきた最新の血液検査の結果は

・ハウスダスト 3
・ヤケヒョウダニ 3
・スギ 2
・ブタクサ 0
・カモガヤ 0
・ネコ皮屑 0
・イヌ皮屑 0
・卵白   2
・卵黄   0
・オボムコイド 1




ハウスダストやダニは相変わらずですね。食べ物のように慣れるものではないので難しいですね…。

さらにスギ花粉にもアレルギーの兆しが…。確かに春の間は鼻水がずっと出ていたなぁ。早ければ3.4歳くらいから花粉症と診断できるそうで、長男もバリバリの花粉症です。

7月にスイカの食べすぎで発疹が出たことを伝えると、次回の血液検査は項目を増やすことになりました。花粉症の気があるので、アレルギーかも知れないとのことでした…。

まぁどっちにしろ食べすぎはよくないよね、まだ小さいし。

  先生

はい、気を付けます…。



きのこしょぼん

子どものスイカの食べ過ぎは要注意!2歳の息子が嘔吐、湿疹が出た話。



次回また半年後に検査です。ふたりとも頑張れ~。

まとめますよ。


きのこメモ70

次男のアレルギー検査の結果をもとに、アレルギーの変化やポイントをまとめてみました。

  • 食物アレルギーは成長とともに改善している。
  • ハウスダスト、ダニアレルギーは変わらず。
  • 花粉症の新たなアレルギーの可能性も出てきた。
  • 塗り薬、飲み薬を使ったホームケアも欠かせない。
  • 専門の医師による定期的な診察、検査が重要。

子どもの成長は目まぐるしいので、これからどんな変化があるのか未知数ですが、体が強くなってきたな~と感じています。

次男はよくワケのわからん湿疹が出るので心配もありますが、成長とともによくなっていくだろうと期待。

アレルギーは長い付き合いですが、本人が少しでも生活しやすくなるよう、病院のお世話になりながらできることを地道にやっていきたいですね。