こんにちは、きのこ母さんです。4歳と2歳の兄弟を育児中のアラサー主婦です。

ママになるまでは、穏やかな性格だった私。「落ち着ている」と言われることも多かったです。

けれど子育てが始まると、うまく出来ない自分にイライラ、思い通りにならない子どもにイライラ、察してくれない夫にイライラ。

先日大声で子どもを怒っている最中、ふと「私、前はこんな性格じゃなかったのに…」と我に返り、泣きたくなってしまいました。

子育てでイライラするのは当たり前だけど、今のイライラ発散の仕方は良くない。

そこで今話題の「アンガーマネンジメント」を勉強してみようと思い立ちました。




子育て中ママのアンガーマネジメント入門には、本がおすすめ。


アンガーマネジメントは、怒りを否定するのではなく、うまく本当の気持ちを伝えられるテクニックを身に付けることを目的としています。

毎日イライラすることの多いママには、気になる話ですよね。

最近ではアンガーマネンジメント講座を見かけることも多いけど、やっぱり高いのがネック。

子どもを預けるのも難しいですよね。

そこで、まず日本アンガーマネジメント協会が監修の「ママのアンガーマネンジメント 8つのマジック」という本を図書館で借りてきました。



タイプ診断で、自分の怒りのクセがわかった!


be77cabdb0898fa997ee99684eac660e_s

「ママのアンガーマネンジメント 8つのマジック」はまず、タイプ診断から始まります。

アネゴママ、ヒーローママ、慎重ママなど6つのタイプの中で、私はマイペースママでした。


「いつも優しいよね」と周りからは言われるけど、中身と外見にギャップがあるタイプ。

やりたくないことに強いストレスを感じる。

勝手な思い込みをしてイライラしやすい。


などなど、当てはまりまくりで笑っちゃうほどでした。

このタイプ診断、これだけで自分の怒りのクセが客観的にわかるので、かなりおススメです。


ちなみに夫はハッキリタイプ。向上心が強く完璧主義で、白黒つけたいタイプです。

一緒に子育てする人のタイプもわかっていれば、考え方の違いがわかってイライラの予防になりますね。



効果絶大!すぐに取り入れられるテクニック。


本書ではタイトルの通り、怒りをコントロールするマジックのようなテクニックが8つ紹介されています。

その中で実践して効果があったものはこちらでした。


①怒りの裏にある本当の気持ちに寄り添う

これは自分にも子どもにも言えることで、イライラしている時って、本当はほかの感情が元になっているんですよね。

弟にキーキー怒っている上の子に対して「やめなさい!」と怒り返す前に、「どうしたの?本当はどうしたかったの?」と聞くと、すんなりワケを話して落ち着いてくれることがあります。

それと同じで、自分に対しても「どうしたの?どう思っていたの?」と問いかけてあげると、「ああ焦っていたんだな」「認めてほしかったんだな」と本当の気持ちに気づけてイライラが軽くなることがわかりました。

特に私にありがちなのが、ひとりで頑張った結果パンクして、イライラして自己嫌悪に陥るというパターン。頑張ったのに、周りも自分もイヤな気持ちになるなんて勿体ないですよね。

イライラしだしたら自分に原因を問いかけることで、自己嫌悪から自分を守ってあげられそうです。



②自分の「べき」を振り返り、相手の「べき」を思いやる


私は育児情報には敏感な方なので、夜は早く寝かせたいし寝る前にゲームはさせたくないという考えです。

けれど夫と子どもたちは、夜お風呂の前のゲームを楽しみの時間にしています。

それで布団に入る時間が少し遅くなる日もあり、つい「寝る前にゲームなんてやってるから!」と口出することもありました。

けれど夫や子どもたちからすると、「寝る前はみんなで好きなことをやって楽しく過ごすべき」だったから、ゲームをやっていたわけです。

遅くなると言っても、布団に入るのが5分10分遅くなるくらいで、結局寝付く時間はいつも同じだったりします。

だったら、私がイライラして楽しい空気を壊す方がよくないなと気づきました。


私が抱えている「べき」と、周りの人の「べき」は違うから、そこを思いやる想像力も必要。

イライラする前に少し想像力を働かせるように気をつけるようにしたら、前より穏やかな気持ちになれるようになりました。

お互い楽しく過ごしたいと思っているし、相手のことを大切に思っていることは変わりないのですね。



③「なんで?」より「どうしたら?」


この発想の変換を知って、目からウロコでした。

振り返れば、子どもに対し「なんで?」って思ったり口に出すことってすごく多いなぁと反省。

「なんで」のあとには、「なんで早くしないの」「なんで片づけないの」と否定ばかりが続くんですよね。

でも「どうしたら」のあとには、「どうしたら早くできるかな」「どうしたら片づけるかな」と肯定が続きます。

自分に対してもそうで、「なんで私はイライラしてばかりなんだろう」ってダメ出しばかりしていました。

でも「どうしたらイライラが減るかな」と発想を変えれば、明るい感じがしますよね。

このクセが付いたら、すごくポジティブになれそう。意識して口ぐせにして行きたいと思います。



他にも、参考になるテクニックがわかりやすくまとめてある「ママのアンガーマネンジメント 8つのマジック」。

ママの視点に立った、実践的かつ優しい視点から書かれた一冊です。

薄いしマンガも付いていて読みやすいので、アンガーマネジメントの入門におススメですよ。