こんにちは、きのこ母さんです。

高校時代は茶道部だった、アラサー主婦です。


友人から手土産でもらった花園万頭さんの「ぬれ甘なつと」

京都の桐箱入りの甘納豆をいただいてから甘納豆が大好きになった私ですが、「ぬれ甘納豆 」は初めて!


今回は、花園万頭さんの「ぬれ甘なつと」を初めて食べてみたレポをお送りします。



 

そもそも、花園万頭とは


行ったこともない私が僭越ですが、ご勘弁を…(笑)


花園万頭の本店は新宿。

天保5年創業のスーパー老舗です。

天保と言ったら、「天保の改革 水野忠邦」って歴史で習ったアレですね!

かなり歴史のあるお店なんですね。


「花園万頭」のルーツは下金沢の和菓子屋さん。

金沢は可愛い和菓子のお店が多いことで有名ですよね。

花園万頭が東京に進出してきたのは、明治時代からなんだそう。

今や百貨店や羽田空港にも入っています。


看板商品は、「花園万頭」と今回紹介する「ぬれ甘なつと」

季節のお菓子もたくさんあります。

本店なら二階の喫茶コーナーでお茶もできるそう。



いざ開封、その中身は…?


今回いただいたのが、こちらの「ぬれ甘なつと」。

GWだったので、子どもの日仕様です。
IMG_20170509_172443

裏面はこんな感じ。
IMG_20170509_172433

こういう季節を感じるパッケージっていいですよね。

子どもたちも喜んでいました。可愛いのでしばらく飾っておきましたよ~。



さて、いざ「甘なつと」のおな~り~!

IMG_20170509_172518

開けてみると、さすが「ぬれ」という名前だけあって、つやつやしっとりしています。

IMG_20170509_172619

しっとりしているのに、手で触ってもベタベタしない。

普通の甘納豆より柔らかいけど、一粒一粒がしっかりしている感じです。



気になるお味の方は…


早速いただいてみると…

なんとも美味でございます~~~~~!!


喜ぶきのこ30


「上品な甘さ」という言葉は、この「甘なつと」の為にあると言っても過言ではないです。

甘いのにすっきりしていて、品があるお味。

一粒ずつ大事に味わいたい感じです。

熱いお茶がよく合う!


食感は柔らかいけど、芯が感じられます。

豆がふっくら・しっかり。

時々砂糖のシャリっとした感じがあって、また美味しいんです。


原料は、「グラニュー糖 大納言小豆(北海道産) 水飴」のみ。

素材も厳選されているんでしょうね。

シンプルだからこそ、素材の美味しさが感じられます。

「ぬれ甘なつと」って、つまり「ゆで小豆」?


きのこメモ70

とか思っていた自分にチョップしてやりたい。

全然違いました。

しっとりなのに一粒ずつしっかりしている感じ、「どうやって作ったんだろう?」と不思議でならないです。


オンラインでも購入できる


これは年配の方はもちろん、甘納豆をあまり食べない若い方にも食べていただきたい味ですね。

「ほら、これが「上品な甘さ」ですよ」って。(←なんか感じ悪い。笑)

子どもたちにも少しあげたら気に入ってしまったので、3粒ずつ大事に食べています(笑)


無くなったら、またそのうち無性に食べたくなりそう。

でも新宿や空港はめったに行かないし…と思っていたら、アマゾンでも買えるんですね!


安心しました~。

いつか本店にも行ってみたいです♪



〇追記〇

「花園饅頭」が2018年5月31日、東京地裁に破産申請を提出したことがわかりました。

破産手続き開始までは、直営店や百貨店などの売り場は残るそうですが、その先どのなるかは未定とのこと。

ショックを受けている方も多いのではないでしょうか…。

私もどうかこの老舗の味が守られることを祈ります。

 
次の記事はこちらです☺
ちょっと体に優しい工夫が嬉しい!コープ限定のおすすめお菓子・おやつ