こんにちは、きのこ母さんです。英語の教員免許は持っているけど、もはや恥ずかしくて言えないアラサー主婦です。

長男が赤ちゃんのころ、「耳がいいうちに生の英語を聞かせよう」と、あれこれ試行錯誤していた時期がありました。

英語で話しかけてみたり、英語の絵本を読み聞かせしてみたり。

でもスピーキングが苦手だし、発音もカタコト英語なので、効果もよくわからずあまり続かず…。

そんな私でも、英語の歌を子守歌に歌うのは好きでした。

実は「英語の歌を歌う」って、自然に英語のイントネーションや言い回しを覚えられるので、英語学習にとっても効果的なんです。

ママも楽しみながら赤ちゃんに英語に触れさせることができて、おまけに寝てくれたら最高ですよね♪

今回は、英語初心者でも大丈夫な、子守歌におすすめの英語の歌3選を紹介します!


Row,Row,Row Your Boat  難易度/★☆☆☆☆





こちらが歌詞です。 

Row,row,row your boat,
Gently  down the stream.
Merrily,merrily,merrily,merrily,
Life is but a dream.


☆ミセス・キノコのワンポイントレッスン☆

ここでの "but" は 「しかし、でも」という意味ではなく、「だだの」という ”only“ と同じ意味で使われています。
つまり、最後の一行は「人生とはただの夢よ」という意味になります。Wondeful!  

ゆっくりで優しいメロディと、繰り返しの多い歌詞なので、初心者でも歌いやすい曲だと思います♪

子守歌にピッタリですね。ゆらゆら揺らしながら歌うと、きっとそのうち寝てくれますよ。

私もよくやっていました。


意外と歌詞が深く、最後の一行は母から子へのメッセージのようですね。

「人生はいいこともツライことも含めて、夢のようなものよ。だから明るく楽しんで!」みたいな。



Tinkle,Tinkle,Little Star  難易度/★★☆☆☆



Tinkle,tinkle,little star
How I wonder what you are
Up above the world so high
Like a diamond in the sky
Tinkle,tinkle,little star
How I wonder what you are

When the blazing sun  is gone
When he nothing shines upon
Then you show your little light
Tinkle,tinkle,little star
How I wonder what you are

☆ミセス・キノコのワンポイントレッスン☆

おなじみ、「きらきら星」の本家版ですね。
よく英語の手遊び歌としても使われるので、一番だけでも覚えておくと、お子さんと長く楽しめると思います。 So good!


夜泣きの赤ちゃんをあやす時、カーテンを開けてお星さまを見ながら歌うと、臨場感バツグンで素晴らしいと思います。

英語は体感するのが一番ですからね。

書いてて思い出して泣けてきた。お母さま方、いつもお疲れ様です…。

今は一緒にこの曲で手遊びができるくらい、長男も大きくなりました♪


Over The Rainbow  難易度/★★★★☆



Somewhere over the rainbow
way up high,
There's a land that I heard of
once in a lullaby.

Somewhere over the rainbow
skies are blue,
And the dreams  that you date to dream 
really do come true.

Someday i'll wish upon a star
and wake up where  the clouds are far
bihind me.
Where troubles melt lemondrops
away above the chimney tops 
That's where you'll find me

Somewhere over the rainbow
Bluebirds  fly.
Birds fly over the rainbow.
Why then, oh can't  I ?

If happy little bluebirds fly beyond the rainbow
Why,oh why, can't l ?

ちょっと長いですね…難易度急に上がりました!



☆ミセス・キノコのワンポイントレッスン☆



ミュージカル映画、「オズの魔法使」で歌われる、有名な曲ですね。映画は見たことないんですけど。
「いつか子守歌で聞いた、虹を超えたところにある、夢が叶う場所。青い鳥たちが飛んで行けるなら、私にだって行けるはず」そんな歌詞です。 Yes, we can!




少し長いですが、一曲歌えた時の達成感は大きいですね。

私もいまだに歌詞は見ながらです(笑) しばらく歌わないと忘れちゃいますしね(;'∀')


でも、この曲は本当に歌詞が素敵ですよね。

この曲を子守歌で聴いていた我が子が、元気で大きくなって、いつか夢を追っていけるように…そんな希望を与えてくれる気がします。



まずはワンパートでも、間違っても No problem!


1fe8d5a158dec2d89bf22351399231a9_s

大切なのは、毎日少しでも英語に触れること。

だから、毎日の子守歌に英語を取り入れると一石二鳥!

ママも英語の子守歌を歌えると、なんだか自分に自信がつきますよね。


最初はワンパートをずっと繰り返しててもいいんです。

歌詞を忘れたら、「ふんふんふ~ん♪」で誤魔化してもいいんです。

赤ちゃんしか聞いてないし(笑)


楽しみながら、気付いたら全部歌えるようになっていた!

なんか本物みたいないい感じの発音で歌えていた!

そうなったら最高ですね。


英語の子守歌は、どちらかと言うと自分の趣味で始めたもの。

でも多少は効果があったのか、我が家の兄弟はなんとなく英語は好きで、興味があるようです。


今回紹介した歌は、今でも洗濯物を干しながらよく熱唱しています(笑)

日常に少しでも英語を取り入れて、親子で楽しめるといいですね。


日訳付きでもっと英語の動画を見てみたい!という方には、こちらの記事もおすすめです。
初心者向けオンライン英会話はイングリッシュセントラルがおすすめ!楽しく英語を習慣付けよう。