こんにちは、きのこ母さんです。アトピー歴=年齢のアラサー主婦です。

先月風邪をひいてから、アトピーがみるみる悪化してしまいました。

寝る前が特にかゆくて、やっと寝付いてからも自分のかいている音で目が覚めてしまう始末。

 毎年春にはアトピーが悪化するので、ある程度は仕方ないのですが、今年は特にひどい…(´;ω;`)


とりあえず、食事に少し気をつけることにしました。

というわけで、しばらく手作りおやつも封印。

「え、アトピーが悪化しているのに手作りをやめるの?!」と思われるかもしれませんが、私はその方がいいみたいです。

今回は、アトピーが悪化中の私が、手作りおやつをやめたわけを紹介していきます。



 

おやつを手作りすると、食べすぎてしまう。


手作りの良さは、買うより安く、安全に出来ることだと思います。

私もこの前までは、子どもたちのおやつに炊飯器ケーキや、スコーン、蒸しパンなどを作っていました。

うちの子どもたちも肌は弱めで、アレルギーもあります。

だから、国産小麦や米粉で、オイル控えめで、きび砂糖でおやつ作り。

それだけ聞くと、体に優しそうですよね。


ところがどっこい、そんなことないんです。

手作りすると、どうしても大量に出来上がってしまうんですよね。

しかも手作りは日持ちしないから、一度に沢山食べてしまう。

出来立てはおいしいし、頑張って作ったから、私も一緒にどうしても沢山食べちゃうんです。

私の食いしん坊めっっ( ;∀;)


結果、いくらヘルシーに作ったつもりでも、市販品を少し食べるのと変わりないくらい砂糖や油を取ってしまうことに…。

砂糖や油はアトピーを悪化させてしまいます。


この前は、オートミールにブラックチョコとドライフルーツを入れて、米油でクッキーを作ったんです。

おいしくできたのが嬉しくて、それを一人で全部平らげちゃったんです…。

はい、アホの極み(T_T)


どんなに体に優しく作っても、食べすぎたら逆効果。

手作りでは私には量が調節できないので、しばらくはお休みです…(T_T)




おやつは果物、お芋で十分!


そもそも、おやつは手作りしてまで準備する必要があるのか?っていう話ですよね。


おやつはバナナ、りんご、みかんなど定番フルーツに加え、イチゴやスイカなど、季節のフルーツで十分!

バナナやみかんなんて、包丁すら使わない!主婦の味方!

果物なら量の調整もしやすいですよね。


お芋も最高ですね。

炊飯器にお水とサツマイモと入れて早炊きすれば、すぐふかし芋になります。

干し芋もいいですよね。ちょっと温めるだけという手軽さ!

大好きな大学芋や芋けんぴは、油も砂糖も多いので、しばらく我慢かな…(´;ω;`)




市販品を少量味わって食べる方が、逆にいいことも


毎日果物やお芋のおやつじゃ、子どもたちも飽きてしまうんですよね。

だから、ありがたく市販品のお世話にもなります。

時には市販のクッキーや、おせんべいもおやつに出しています。

最近はいただき物のカステラがあったので、皆でおいしくいただきました。

もちろん私も一緒に、少しだけ。

だって、目の前においしいものがあるのに、「アトピーが悪化するから一口も食べません」って、それでストレス溜めるのが一番よくないと思うんです!!(力説)


チョコだって良くないのはわかっているけど、どうしても生理前とか食べたくなってしまうんです。

それを「アトピーが悪化するから一口も食べません」って、それでストレス溜めるのが一番よくないと思うんです!!(二回目)

ひとかけチョコ食べたっていいじゃない!!せっかく21世紀に生きているんだもの!( ゚Д゚)


というわけで、アトピーが悪化してかゆいのもツライですが、食べたいものは我慢しすぎず少量食べています。

市販品は個包装されているから食べた量がわかりやすいし、食べたときの幸福感も半端ない気がします。




食事を調整しなければいけないのはわかっていますが、調整したからといってすぐにアトピーが良くなるわけでもないのがツライところ。

アトピーは食事が大切だけど、悪化している理由は食事だけでなく、ストレスや睡眠、腸の状態などの要因もからんでいるからです。

だから、なるべく余計なものは摂らないよう気をつけながらも、少量を守りながら好きなものも食べることにしました。

悪化したアトピーがいつ落ち着くかはまだ分かりませんが、ゆるくも前向きに食事に気をつけていこうと思います。