こんにちは、きのこ母さんです。内弁慶な2歳差兄弟を育児中のママです。

今年長男が、年少さんで幼稚園に入園しました。

入園前の長男は、超が付くほど内弁慶で、引っ込み思案。(可愛くて賢い子なんですが…)

そんな長男なので、入園当初はかなり心配でした。

けれど、一年幼稚園に通い、ものすごい成長を見せてくれました。

今回は内弁慶な長男の、入園して変わったことを紹介していきます!

 

お返事ができるようになった!!


入園前から幼稚園を嫌がっていた長男。

少しでも慣れてもらおうと、入園前に月一回のプレに通っていました。

プレでは最初に、インタビュー形式で、子どもが自分の名前と年齢を言うことになっていました。

他の子は嬉しそうにお名前を答えている中、長男は私に隠れて断固拒否。

お名前を呼ばれても、返事は一切拒否。


これじゃまずい… せめてお返事だけはできるようにしなければ!!


そこで家でも色々試してみたものの、いつも嫌がって返事はしてくれませんでした。

たぶん「入園前にお返事が出来るようにしよう」という親の魂胆に、気づいていたんでしょうね…(;^_^A


そして案の定、入園後も一か月くらいは、朝の出席確認のお返事を拒否だったそう。

でもある日、初めて小さな声でお返事が出来たんです!!

その直後、わ~っと泣き出してしまったそうですが…

きっとありったけの勇気を振り絞ったんでしょうね… うっ…いじらしい…泣


でも、その時に先生が沢山ほめてくれたお陰で、自信がついたんでしょう。

お返事後に泣くことが数回続いたあとは、泣かずに長男なりのいいお返事ができるようになりました。


初めての保育参観でも、精一杯のお返事をしていました。

先生に「いいお返事だね!」と言われて嬉しそうにしている姿を見て、初っ端から涙腺が崩壊するかと…

入園して一年経つ今、長男は「お返事が出来なかったことなんて、何のことやら」という感じです。笑

かっこいい成長を見せてくれました!





登園を嫌がらなくなった!!


長男は入園前から「幼稚園行かない!!」の一点張り。

どうなることかと思いきや、4月5月は特に泣きながら登園ということはありませんでした。

お家で「幼稚園行きたくない」ということはあっても、園バスを待っている時には普通にもどり、バスも嫌がらずに乗っていっていました。


でも園では「よく泣きそうな顔をしている」とか「誰とも遊べずにいる」と先生から聞いていたので、色々我慢しながら通っていたのだと思います。

6月頃、緊張の糸が切れたのでしょう。

朝から「幼稚園行かない!!」と大泣きしたり、バスに乗るのも大泣きで、先生に抱っこされて乗るようなことが増えました。


最初はなるべく「行きたくないんだね、頑張ってるもんね」「とりあえずバス停まで行ってみようね」と優しく誤魔化しながら登園していました。

でも段々長男も手ごわくなるし、私もイライラが募り、怒りながらバス停まで引っ張っていったことも…

そして長男が行ってしまった後、ものすごく後悔したり…


泣いたり泣かなかったりが続きながら、気づいたら夏休みまで数週間。

「あと〇日で夏休みだね」と毎日話していたら、あまり嫌がらずに登園するようになってきました。

一山越えた感じでした。



その後も何度か登園の時泣くこともありましたが、大抵は家で嫌なことがあったり、何か長男の中で気がかりなことがあるとき。

登園を嫌がるときは、まず「自分の接し方がどうだったかな?」と反省。

「良くなかったな」と思うときは、バス待ちの間に長男に謝ってから登園させるようにしました。

家で思い当たることがない時は、園での様子を先生に聞いてみると、実は園で我慢していたり、嫌なことがあったりということもありました。

泣かずに行ってくれるのが一番ですが、泣くことでわかることもあるんですね。





初めてのお友達ができた!!


長男は幼稚園に入る前、児童館に通ってもなかなか私のそばを離れず、特定のお友達もいませんでした。

おまけに同じ幼稚園に入園する子が周りに居なかったので、かなり心配でした。

入園して最初の数か月は、誰と遊んでいいかわからず、自由遊びの時間はヒマそうにしていたそうです。

でも同じバスコースのおっとりした女の子と段々仲良くなり、自然と遊ぶようになったそう。

「類は友を呼ぶ」で、おっとりした子同士仲良くなるんですね。

ふたりで遊んでいる様子は、ものすごく癒されると評判です。笑


私も行事に参加するうちにママ同士のつながりが出来て、親同士が話しているうちに、子ども同士も自然と一緒に遊ぶようになったり。

以前はママ友付き合いに苦手意識があったけど、内弁慶な子には、ママ同士が楽しそうにしている様子を見せることも効果アリなのかもしれません。


今では仲良しのお友達が数人できて、楽しかったことをお家で話してくれるようになりました。






戦隊モノに目覚めた!!


今までは、おままごとやトミカ、ブッロクが大好きだった長男。

ぬいぐるみも大好きで、おでかけに連れていくこともありました。

戦隊モノはあまり興味がなく、「怪獣や敵が怖い」とあまり見たがりませんでした。


それが入園してしばらくすると、お友達の影響を受け、いろんな戦隊モノを見たがるように。

今となっては、仮面ライダーシリーズや、レンジャーシリーズはもちろん、ポケモンや妖怪ウォッチなどなど、戦うものが大好き!!


変身ベルトや、刀や銃のおもちゃも欲しがるようになり、「ついに来たか…!」という感じです。笑

買いだすとキリがないんですよね~(;^_^A

あと、パパの影響でFF7も…笑 うちの子たちはクラウド大好きです。笑


もっぱら戦いごっこの相手はパパかママか弟ですが、そのうち幼稚園でもやるようになるのかな?!

言葉が悪くなったり、弟を泣かせたり、「う~ん」と思うこともありますが、

「敵が来たらママのこと守ってあげるからね!」なんて嬉しい言葉を言ってくれることもあります( *´艸`)





たくさん成長した一年でした


初めて親から離れ、幼稚園で一生懸命自分の居場所を見つけて、先生やお友達から沢山のことを学んできた長男。

その姿は頼もしくもあり、ちょっぴり寂しくもあり。

どんなに親が働きかけても出来なかったことが、幼稚園に入ってちゃんと出来るようになって、「子どもは親が心配しなくても勝手にちゃんと育っていくんだなあ…」と実感させられます。

「この一年、幼稚園に慣れるよう私がしてあげられたことはなんだろう?」と思い返すと、大してなかったような…笑

幼稚園で頑張っている分、おうちでは小さいことで怒らず、もっと優しくしておけばよかったなぁ…なんて反省が浮かびます(;^_^A

母の来年の目標はこれですね。

年中さんではどんな成長を見せてくれるのか、これから楽しみです。

母は「優しくサポート」を目標に過ごしたいと思います。笑

親も勉強ですね。


ちなみに、私も夫も内弁慶なタイプで、夫は子どものころ幼稚園で喋れるようになるまで半年かかったのだとか。

そう考えると、長男はかなりマシなのかもしれません。笑

今でも夫はペラペラしゃべるタイプではありませんが、すごく温かくて信頼できる人なので、内弁慶も決して悪いことではないですね。

要は、本人が困らない程度のコミュニケーション能力があればいいのかと。

長男は長男らしく、来年も楽しく幼稚園で過ごしてくれたらいいなと思います。