きのこ母さんの本日も大収穫

きのこ母さんです。超倹約家な夫と、内弁慶な2歳差ちび兄弟の4人暮らし。「心も体もハッピーな節約」を目指してます。自分と子どものアトピー、アレルギーと付き合いながら、日々の暮らしの学びや気づきを綴っています。 今日も大収穫だよ~!おすそわけ、持っていってね♪

こんにちは、きのこ母さんです!

子どもが英語を習っている、あるいはこれから習わせたいと思っているお家は多いですよね。

最近では、幼稚園のカリキュラムにも必須といっていいほど、英語の時間が設けられています。

幼稚園が始める前に、試しに英語教室に通ってみるのもいいかも…

けれど、いざ教室に通うとなると、気になるのは我が子の反応…



レッスンに向かう準備から泣かれ、

やっとのことで連れて行ったものの、ママから片時も離れず

もちろん歌は歌わない、踊りも微動だにせず…

他の子はちゃんとやってるのに!!(イライライライラ…)



はい、これ まさしくウチの子のパターンです(笑)


うちの長男はどうも おっとり、人見知り場所見知りで、

慣れない場所では固まったまま過ごし、終わるころにようやく少し動きだすような子でした。汗

(三歳過ぎてかなり変わってきましたが…)


私自身が英語が好きだったので、親子英語サークルに数回通ったものの、

いくつかの理由で通うのを辞ました。

ここでは、おとなしい・人見知りの子どもが英語を始める時のポイントを紹介します。


こんにちは、きのこ母さんです!




最近多い子どもの食物アレルギー。
 
よく聞く話だとは思っていても、いざ我が子が食物アレルギーだとわかると、落ち込んでしまいますよね。 

私も長男が十カ月のころ、

アレルギー検査で 小麦、乳製品、卵、まぐろ、米  など10項目で陽性反応が出た時は、

それはもう落ち込みました。

次男も六カ月の頃、小麦、卵アレルギーとの検査結果が出ました。

長男のときのショックは大きかったし、

次男のときも 2人そろって…とかなりのショックを受けたのを覚えています。

まずはショックを落ち着かせ、前向きに子どもの食物アレルギーと向き合っていくために、こんな方法で気持ちを整理しましょう!