きのこ母さんの本日も大収穫

きのこ母さんです。超倹約家な夫と、内弁慶な2歳差ちび兄弟の4人暮らし。「心も体もハッピーな節約」を目指してます。自分と子どものアトピー、アレルギーと付き合いながら、日々の暮らしの学びや気づきを綴っています。 今日も大収穫だよ~!おすそわけ、持っていってね♪

こんにちは、きのこ母さんです!

私は赤ちゃんの頃から、超敏感肌のアトピー体質です。

得意技はかぶれを起こすこと。

肌の敏感さには自信があります。笑

化粧品や、紫外線、衣服など、かぶれを起こしたものは数知れず…

そしてやっぱり、毎年春になるとお決まりのように、花粉で顔がかゆくなります><

そんな時でも、安心して使える化粧品をご紹介していきます!!





 

こんにちは、きのこ母さんです。

アトピー肌のわたしは、乾燥する季節になると、毎年ひどい手荒れで悩んできました。泣

さらに子どもが生まれると、授乳の前に手洗い、おむつ替えの前後に手洗い…。

水を使う頻度がぐんと増えて、ますます手荒れは悪化…!!
新規ドキュメント 2017-01-25_1 (1)
あまりに痛くて、絆創膏を貼りまくっていたことも…。

市販のハンドクリームも効かないし、かゆくて眠れないこともありました。



けれど、いい方法を見つけてからは、手荒れがかなり改善したのです!!

早速その方法を紹介していきますよ~♪






 

こんにちは~、きのこ母さんです!

母乳育児中のママさん、毎日お疲れさまです!

母乳育児はメリットも沢山あるけど、母乳トラブルも避けられないですよね><
私も2人の息子を完母で育てましたが、いや~、いろいろありました。乳腺炎が悪化して一時期は切開寸前にもなったことも…(; ̄Д ̄)


そんな痛い経験から学んで、母乳トラブルのセルフケアのコツを掴みました♪

今回は母乳育児中に常備していてよかった、三種の神器を紹介していきます!!

 
 

こんにちは~!きのこ母さんです。

赤ちゃんや子どものお肌って、ふんわりモチモチしてて最高ですよね(´∀`*)
昔は私もそうだったのに…うらやましいっっっヽ(TдT)ノ…ってそんな話ではなくて、赤ちゃんの肌は柔らかい分、肌に付けるものは迷いますよね。

私は息子たちや自分の肌悩みから、「ワセリンが一番いい!!」と強く実感してます♪ワセリンが赤ちゃんにもママにもオススメな理由と、使い方を紹介していきますよ~ヾ(=^▽^=)ノ



 

こんにちは~きのこ母さんです。

下の子が生まれたママさん、おめでとうございます!そして育児お疲れ様です!ところで…アレ大丈夫ですか?

そう、アレです。下の子が生まれたあと多くのママが発症するという「上の子が可愛くない症候群」

かくいう私も、今まで長男が可愛くて仕方なかったのに、下の子が生まれてしばらくするとしっかり発症しましたよ…。一時期は上の子が触れてくるすらイヤに(T_T)

そりゃもう悩んで、 悲しくて、上の子がかわいそうで、「いつまで続くんだろう?」って不安でした。そういう時期もありましたが、今はふたりとも本当に可愛いです。イライラすることは普通にありますけど(笑)

そんなわけで、今回は実践して効果があった「上の子が可愛くない症候群」を乗り切る工夫を紹介していきます♪ 



 

こんにちは~。きのこ母さんです。

母乳育児中のママさん、毎日お疲れ様です!母乳で育てているママは「いつ授乳をやめるか」が大きな気がかりですよね。断乳するのか、卒乳を目指すのか。断乳なら、何歳をめどにするのか。

きのこ母さんは、長男も次男も一歳になってすぐ断乳しました。今の風潮からすると早いですよね。一歳で断乳に踏み切った理由、正直に言います。もう自分の体がもたなかったからです。 

断乳前はこれでいいのか迷いましたが、結果、間違いじゃなかったと強く思います。

というわけで、今回は一歳で断乳してよかったことを紹介していきますよ~♪ 


 

こんにちは~きのこ母さんです。

一昨日、昨日と1歳7カ月の下の子 が連続で夜泣きしました…。眠いですね。が、一緒にお昼寝できて復活しました!

うちの下の子は夜泣きする日は少なくなりましたが、7カ月から1歳前半の赤ちゃんを育てているママは、毎日夜泣きに付き合っていることとお察しします…。ほんと毎晩お疲れさまです。うんうん、眠いですよね、わかります><

うちも夜泣きがひどい時期は睡眠不足が続いて、朝起きるのもしんどいし、夜寝る前も「今日はどうだろうな…」ってげっそりしながら寝ていたのを覚えています。

で、やっぱり夜中は赤ちゃんに何回も起こされる。夫に手伝ってもらいたいけど、「お仕事頑張ってくれてるんだから、寝かせてあげなきゃ…」とひとり頑張るわけです。泣き声で夫が起きちゃうと「ごめんね~」ってアセアセ。リビングに移動して赤ちゃんをゆらゆら…。

そんなこんなで朝になって、誰よりも早く起きて夫のお弁当作り。当時上の子はまだ幼稚園に行ってなかったから、日中一人で子ども2人の相手して、昼寝なんてほとんどできません。へろへろで夜が来て、また夜泣きに付き合って…。

これ、うちだけの話じゃないよね。多くのママがやってることです。しかも、当たり前のように。えらいよ、みんな!


こんな体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいの夜泣きの時期は、つい夫に対しトゲトゲすることもあるでしょう。キャパ狭くなってますから。ネムイですから。私もよく「毒きのこ母さん」になってましたよ…。


でもね、ホントはママも心の奥では夫のことを愛してるんですよ。それどころか、いつも以上に夫からの優しさを必要としています。実は夜泣きに付き合ってボロボロになっている今こそ、夫の愛の深さを妻に実感してもらういい機会なんです!!


そんなわけで、夜泣きを夫婦で乗り切るため、夜泣き中パパにされて嬉しいことを紹介していきます!

 

こんにちは、きのこ母さんです!

突然ですが、あなたのお子さんは活発ですか?それとも、おとなしいですか? 

どちらのタイプでもママは子どもが心配なものですが、特に子どもがおとなしいタイプだと「いいこ」という評価を受けやすいので、ママは人知れず悩んでしまいがち。

もうすぐ四歳になるうちの長男は、まさしくおとなしいタイプ。 

優しくて穏やかで、本当に愛らしい性格なのですが、一方でかなりの人見知りで内弁慶で、新しい環境が苦手。

長男が二歳くらいの頃、この子はこの先大丈夫だろうか…と悩んでいました。

今回はおとなしい二歳児が心配なママに、私の経験と教訓をお話ししたいと思います♪

少しでも役に立てれば嬉しいな(●´ω`●)